ナビゲーション

SNS

ご予約・ご案内

感染症対策についての本当の話

現在新型コロナウィルス感染症が猛威を振るっていますが、
それ以外にも気を付けるべき感染症は多くあります。
理美容業では以前より理容師法・美容師法で定められたを感染症対策を
遵守しないと営業をすることが出来ません。
しかし、その感染症対策は実施する側がその有効性を高める為の意識をどれだけ持って
実施するかで結果に大きな差が出てきます。

例えばAGIATOではシザーやコームの消毒管理をこんな手順で行っています。
1.左のケースに入れてある消毒済みのシザーやコームを使用してお客様の施術を始めます。
2.施術中のシザーやコーム等は必ず右側のトレーに置きます。
3.全ての施術が終了したら右側トレーとシザー等をエタノール等(器具によって定められた消毒法が異なります)で消毒します。
4.消毒が終わった器具を左側のケースの戻してから次のお客様をお迎えします。

どうでしょう?
誰でも出来そうな簡単な事ですよね。

しかし、使用中の器具を間違えて左側のケースに一度でも置いてしまったら消毒は全く無意味となります。
また、使用中の器具を置く為のトレー等を使用せず腰に付けたシザーケース等に収納していれば全く感染症対策にはなりません。
形だけ、アナウンスだけの感染症対策と本当の感染症対策を見分ける目が私たち一人ひとりに求められている気がします。

スタッフ募集中!求人情報はこちら

さらに詳しく